読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

公園遊び【サンシェードの必要性】

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

SPONSORED LINK

こんにちわ、クルミです。

午前中に子供2人を連れて公園へ桜を見に行ってきました!

満開の桜の中写真を撮ったり、長女とお茶とお菓子を食べて楽しんだりしました。

次女は過去記事でも紹介したベビーカーに乗せて連れて行ったのですが、やっぱり使いやすい!

www.yurumama.com

 小回りが効いて軽いので、長女と手をつなぎながらでもラクラク操作できました(本来はきちんと両手で押さなければ危ないと思うのですが・・・)。

振動が激しくないか気になるところだったのですが、次女はぐっすり気持ちよさそうにねんねしていてくれました♪

 

さて、最近暖かくなってきたのに伴い、我が家も大きな公園へ行って遊ぶことが増えてきました。

 

 そこで私が感じた、テント型のサンシェードの必要性について書いてみたいと思います。

 

子供が生まれてから、夫はやたらと「シェード買おう」と言ってきていたんですよね。

私はなんだか面倒くさくて、「また今度ね」なんて適当に返事していたんです。

 

休日に大きな公園に遊びに行くと、芝生にレジャーシートを敷いて、テント型のサンシェード広げてるご家族が本当に多いですよね。

それを見て、やっぱり必要かなぁ?でもそんなに長居しないし、シェードで寝るの?何するの?なんて思っていた私。

出かけるのは好きなのですが、夫と違って全くアウトドアでない私はそんな風に思っていました。

 

この間、大きな公園にお花見をしに家族4人で出かけた時のこと。

レジャーシートを敷いて、お弁当を広げて桜を満喫していたのですが・・・

次女がおっぱいの時間に。

すっぽりかぶる洋服タイプの授乳ケープを着用して授乳しました。

場所としては端っこで、夫の陰に隠れていたしケープも「いかにも!」という形ではないので、気がつかない人はわからないかもしれないのですが・・・

やはり不快に思われる方も沢山いらっしゃると思いますし、私自身も何だかいたたまれなくて。

シェードがあれば・・・と思い始めました。

 

そして、食事も終わりゆっくりしていると・・・

長女が一言。「うんちーーーー!でたぁ!」

もちろん周りはお食事中ですので、公園のトイレへ連れて行きました。

個室で片脚ずつ脱がせて替えよう・・・と思ったら、個室のドアを開けた途端、長女が絶叫!

「こわい!くらい!あし、よごれちゃうぅぅぅ~!」と恐怖に満ちた顔で叫ぶのです。

確かに、古くて暗いトイレ。個室も狭いのでうまくおむつ替えできるか微妙でしたし、床も泥と水でグチャッとしています。

といっても、特ににおいもないしきちんと清掃されているのですが、暗い雰囲気が2歳児には恐ろしかったのでしょう。

一度外に出たのですが、車に戻るのもかなりの距離が有り、結局誰もいない物陰でおむつを替えたのでした・・・。(マナーがなっていない親でごめんなさい)

 

公園のトイレはどこでもおむつ替えスペースが必ずあるわけではないし、まだ歩けない赤ちゃんなら尚更、シェードがあれば、その中でおむつ替えできるじゃないの!

服が水や泥で汚れても、お着替えできるじゃないの!

 

公園で遊ぶファミリーのみなさん、日除け意外にもこういう事に活用していたのか!!!

 

・・・と、今更やっとその使い方と必要性がわかったのです。

気が付くの遅すぎでした。

 

去年ショッピングモールでこちらを見つけて、目をつけていたのですが、その時はそこまで必要性を感じずにいたのですが・・・もう買います。

 

 フルクローズ、フルオープンができるので、暑い時はメッシュにして風通しを良く出来ますし、着替え、授乳、おむつ替えなどの時はフルクローズにしてしまえば、周りにも迷惑かけず自分達もリラックスして利用できるので安心だと思います。

 

真夏になるとまた公園遊びからは遠ざかってしまうので、陽気のいい春のうちに購入して活用したいと思います。

届いたら、また使用レポしてみたいと思います。